CMEでの先物取引開始後、引き戻しを見せるビットコイン – NEWSBTC 12/20/2017

Invest DivaのKiana DanialがNewsBTCより仮想通貨の最新情報をお伝えします。先週CBOEでビットコインの先物取引が開始されました。さらに今週、世界最大の先物取引所CMEでもビットコインの先物取引が開始されましたが先週のような価格の急上昇はなく、最高価格の2万ドル付近からわずかに引き戻しを見せました。しかし、ビットコインのトレーダーは強気相場に慣れきっているため、わずかな引き戻しにも過剰に反応しているように思えます。個人的な意見では、今回の引き戻しはまだいいほうだと言えるでしょう。それというのも、先物取引にはある程度の専門知識が必要なため、今回の引き戻しは一部のトレーダーが多少の利益を得た後、売りに走ったことによるものだと思われます。CMEで最も人気のある、決済期限1月の先物商品の月曜日の取引価格は、2.05パーセント低い1万9,100ドルとなっています。この商品の初値は2万650ドルで、現物価格より高く取引されていました。CBOEとCMEの大きな違いは、CBOEでの取引単位は1ビットコイン、CMEでの取引単位は5ビットコインであることです。さらにCBOEは、ジェミニ取引所がオークションで決定する価格にもとづいて決済を行う一方、CMEではビットコイン参考基準レートをもとに清算されます。ビットコイン相場は通常の市場とは異なった動きを見せることが多いのですが、最も近いサポートレベルは1万5,854ドルになりそうです。ご視聴ありがとうございました。投資は自己責任で、また次回お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です